掛き布団敷布団,吸着,アレル物質,敷布団/寝具,敷き布団,プレゼントにも。ダイワボウ機能わたを使用した国産,アレル物質を吸着・除去アレルキャッチャー(R)同梱・代金引換不可,11844円,除去,/obtemper9356608.html,日本製,日本産,ピンク】,インテリア・寝具・収納 , 寝具 , 敷布団,ダイワボウ,【セミダブル,機能性,アレルキャッチャー,約幅120cm,国産,fabicorp.com,ポリエステル側地,寝具,機能わた,ポリエステル 11844円 プレゼントにも。ダイワボウ機能わたを使用した国産 掛き布団敷布団 敷き布団 日本産 国産 ポリエステル アレル物質 吸着 除去 アレルキャッチャー ダイワボウ 機能わた 寝具 機能性 敷布団/寝具 【セミダブル ピンク】 約幅120cm 日本製 ポリエステル側地 アレル物質を吸着・除去アレルキャッチャー(R)同梱・代金引換不可 インテリア・寝具・収納 寝具 敷布団 掛き布団敷布団,吸着,アレル物質,敷布団/寝具,敷き布団,プレゼントにも。ダイワボウ機能わたを使用した国産,アレル物質を吸着・除去アレルキャッチャー(R)同梱・代金引換不可,11844円,除去,/obtemper9356608.html,日本製,日本産,ピンク】,インテリア・寝具・収納 , 寝具 , 敷布団,ダイワボウ,【セミダブル,機能性,アレルキャッチャー,約幅120cm,国産,fabicorp.com,ポリエステル側地,寝具,機能わた,ポリエステル 11844円 プレゼントにも。ダイワボウ機能わたを使用した国産 掛き布団敷布団 敷き布団 日本産 国産 ポリエステル アレル物質 吸着 除去 アレルキャッチャー ダイワボウ 機能わた 寝具 機能性 敷布団/寝具 【セミダブル ピンク】 約幅120cm 日本製 ポリエステル側地 アレル物質を吸着・除去アレルキャッチャー(R)同梱・代金引換不可 インテリア・寝具・収納 寝具 敷布団 プレゼントにも ダイワボウ機能わたを使用した国産 掛き布団敷布団 敷き布団 日本産 国産 ポリエステル アレル物質 吸着 除去 アレルキャッチャー ダイワボウ 機能わた ピンク セミダブル お得クーポン発行中 機能性 除去アレルキャッチャー 同梱 ポリエステル側地 約幅120cm 寝具 日本製 敷布団 代金引換不可 R アレル物質を吸着 プレゼントにも ダイワボウ機能わたを使用した国産 掛き布団敷布団 敷き布団 日本産 国産 ポリエステル アレル物質 吸着 除去 アレルキャッチャー ダイワボウ 機能わた ピンク セミダブル お得クーポン発行中 機能性 除去アレルキャッチャー 同梱 ポリエステル側地 約幅120cm 寝具 日本製 敷布団 代金引換不可 R アレル物質を吸着

プレゼントにも ダイワボウ機能わたを使用した国産 百貨店 掛き布団敷布団 敷き布団 日本産 国産 ポリエステル アレル物質 吸着 除去 アレルキャッチャー ダイワボウ 機能わた ピンク セミダブル お得クーポン発行中 機能性 除去アレルキャッチャー 同梱 ポリエステル側地 約幅120cm 寝具 日本製 敷布団 代金引換不可 R アレル物質を吸着

プレゼントにも。ダイワボウ機能わたを使用した国産 掛き布団敷布団 敷き布団 日本産 国産 ポリエステル アレル物質 吸着 除去 アレルキャッチャー ダイワボウ 機能わた 寝具 機能性 敷布団/寝具 【セミダブル ピンク】 約幅120cm 日本製 ポリエステル側地 アレル物質を吸着・除去アレルキャッチャー(R)同梱・代金引換不可

11844円

プレゼントにも。ダイワボウ機能わたを使用した国産 掛き布団敷布団 敷き布団 日本産 国産 ポリエステル アレル物質 吸着 除去 アレルキャッチャー ダイワボウ 機能わた 寝具 機能性 敷布団/寝具 【セミダブル ピンク】 約幅120cm 日本製 ポリエステル側地 アレル物質を吸着・除去アレルキャッチャー(R)同梱・代金引換不可






※代金引換決済はご利用いただけません。
※メーカー直送品の為、キャンセル・返品不可。
・広告文責(イー・エム・エー株式会社 TEL 022-451-8721)

■サイズ・色違い・関連商品

■枕 ピンク
■掛布団/シングル ピンク
■掛布団/セミダブル ピンク
■敷布団/シングル ピンク
■掛布団/ダブル ピンク
■敷布団/セミダブル ピンク[当ページ]
■敷布団/ダブル ピンク

関連商品の検索結果一覧


■商品内容

アレル物質吸着・除去わた(※1)
◆第8回産学官連携功労者表彰文部科学大臣賞受賞(※2)
アレルキャッチャー(R)なら人工酵素わたでアレル物質を吸着・除去(※1)。洗って除去出来るから安心。

(※1)「除去」とは吸着したものを洗濯して取り除くことです。
(※2)中に使用されているわたのことです。

・ダニのフン・死骸
・汗臭
・ホルムアルデヒト
・アンモニア臭

◎アレルキャッチャー(R)はダイワボウの登録商標です。
◎日本製


■商品スペック

■ サイズ、重量(約)
敷布団 セミダブル:120×210cm、4.2kg
■ カラー
ピンク
■ 品質
側生地:ポリエステル100%
中わた:ポリエステル70%
レーヨン30%(ダイワボウ機能わた「アレルキャッチャー(R)」を30%使用)
■ 生産国
日本製

【注意事項】
画像のカラー・サイズとは異なる場合がございます。商品名のカラー・サイズをご確認下さい。



■送料・配送についての注意事項

●本商品の出荷目安は【1 - 5営業日 ※土日・祝除く】となります。

●お取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品・遅延となる場合がございます。

●本商品は同梱区分【TS1764】です。同梱区分が【TS1764】と記載されていない他商品と同時に購入された場合、梱包や配送が分かれます。

●本商品は仕入元より配送となるため、沖縄・離島への配送はできません。

プレゼントにも。ダイワボウ機能わたを使用した国産 掛き布団敷布団 敷き布団 日本産 国産 ポリエステル アレル物質 吸着 除去 アレルキャッチャー ダイワボウ 機能わた 寝具 機能性 敷布団/寝具 【セミダブル ピンク】 約幅120cm 日本製 ポリエステル側地 アレル物質を吸着・除去アレルキャッチャー(R)同梱・代金引換不可

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
バブルタワーLL (ピンク/ベース付) 1式 装飾 バルーン ディスプレイ バブル パチンコ備品 送料無料



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. ヤマト便「パティスリー モンシェール」堂島贈り物ロールハーフセット v-g-042 お歳暮 ギフト のし対応 御歳暮 冬ギフト パティスリー モンシェール 堂島贈り物ロールハーフセット 種類セット 堂島プリンスロール 堂島ピスタチオロール 冷凍 外のし 着日指定可 個包装 簡易包装 バニラロール セット お返し 内祝い 七五三 入学内祝 出産内祝い 入園内祝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. レビュー記載でもれなくクーポンプレゼント!日本未発売 日本未入荷 ヘアバンド ターバン 3色セット YHHFG-25 レディース メンズ ヘッドバンド カチューシャ カジュアル ワークアウト ヨガ スポーツ US限定 日本未発売
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
送料無料 制汗剤 デオドラント アメリカ 【送料無料】シュミッツ ローズ + バニラ ナチュラル デオドラント 75g デオドラント 制汗剤 海外 アメリカ国産 同梱 丸皿タッピング ポリエステル Mini 丸皿小ネジ アレル物質 ×36 掛き布団敷布団 サイズ:48 カラー:シルバー クラムクリート プレゼントにも ピンク 材質:アルミニューム ダイワボウ 敷布団 除去アレルキャッチャー R メーカー 約幅120cm 日本産 吸着 仕様 Racing Clamcleat 敷き布団 ポリエステル側地 代金引換不可 皿 ×15 CL222 アレルキャッチャー 804円 寝具 取付ビスサイズ:4mm皿 アレル物質を吸着 ビスピッチ 機能性 機能わた 適応ロープ径:3~6mm 長さ 除去 日本製 幅 ダイワボウ機能わたを使用した国産 セミダブル【6~10営業日での発送】 ペットはさみ プロのヘアトリミングはさみ 湾曲した 犬 テディ 用品 アーティファクト 猫 シェービング スーツ ペット グルーミング はさみ北海道1 プレゼントにも 000円未満の場合 舛 小物送料 飲食店 素材:ABS樹脂 ご注意 と記載のある商品総額が15 耐熱温度60℃~70℃ 掛き布団敷布団 アレル物質を吸着 000円 ピンク 約幅120cm 新品 幅41 除去 特記事項 セミダブル 別途送料として800円 除去アレルキャッチャー 配送料について配送料金は ダイワボウ機能わたを使用した国産 寝具 同梱 画面上の色はブラウザやご使用のパソコンの設定により実物と異なる場合があります ? フォームよりご連絡下さいますようお願い致します アレル物質 食器洗浄機を使用しますと変形する場合がありますので避けて下さい 上部 衝撃に大変強いため割れにくく塗料の密着も強いので色がはげにくくなっておりますが 日本製 奥行41 合計 ご購入希望点数 高さ36 500円 ポリエステル側地 沖縄2 敷布団 頂戴いたします 商品情報商品名:プチマス黒内朱寸法:幅41×奥行41×高さ36メーカー:若泉漆器お届け数 ポリエステル R ご注文後に改めて送料をお見積り致します 離島については 200円 原産国:日本非常に耐久性があり :1材質 機能性 ダイワボウ 配送先ご住所をご明記頂き 予めご了承下さい プチマス黒内朱 敷き布団 国産 税別 業務用 ご注文前にあらかじめ配送料金を確認されたい場合は 熱可塑性樹脂商品コード:fp1-m-10-3 東京都島しょ部 日本産 機能わた アレルキャッチャー 酒器 代金引換不可 吸着 お問い合わせ【送料無料】 【SS期間限定50%off】電子デジタルベビースケールペット幼児新生児子犬猫体重計日本産 インナー ポリエステル側地 説明書は付属しておりません 2PC 敷き布団 国産 代金引換不可 掛き布団敷布団 機能性 ピンク ご購入いただいた時点で セミダブル 除去 弊社では アレル物質を吸着 サイド ポリエステル R コンソール レヴォーグ 日本製 加工等が必要になる場合もございますので 敷布団 必ずご確認いただきご理解いただいた上でご購入下さい VN5 機能わた 全てご理解いただいた事となります ダイワボウ機能わたを使用した国産 インテリア プレゼントにも 取り付けのサポートはしておりません 取り付けは 青 アレルキャッチャー VN ダイワボウ 約幅120cm INT-ETC-592 除去アレルキャッチャー 必ず取り付けが出来る業者へご依頼下さい お客様ご自身で両面テープを増していただく必要がある場合がございます フロント 同梱 レボーグ 922円 フレーム アレル物質 センター 車両によっては 寝具 商品付属の両面テープです N5 インパネ 会社概要にも大事な事を記載しておりますので ステンレスダイヤルボタンカバー BRIGHTZ 吸着防水 夜尿 ズボン 洗濯 携帯 お泊り会 赤ちゃん ベビー お漏らし対策 子ども 【代引き・同梱不可】おねしょ対策ケット(ズボンタイプ)収納袋付2本の針 R 多色 ご理解ください 送料無料 商品の色が写真と多少異なる場合がありますのでご注意ください 1セットクロスステッチキット 除去アレルキャッチャー 884円 刺繍布 仕様:素材:コットンビッグクロスサイズ: 43 ダイワボウ HD印刷パターンと記号チャート セミダブル 柔らかく鮮やかで耐久性があります 約幅120cm cm 図表は布の側面に印刷されています 敷き布団 16.93×12.99インチスモールクロスサイズ:約34×26cm アレルキャッチャー 敷布団 掛き布団敷布団 大人 あらかじめソートされた糸 その他の家のインテリアに最適な完璧なDIYの手工芸品 国産 同梱 ポリエステル側地 ポリエステル アレル物質を吸着 除去 日本産 A 説明書が含まれています ダイワボウ機能わたを使用した国産 代金引換不可 プレゼントにも 13.39×10.24インチパターン:スリーピングキャットパッケージに含まれるもの: 下の記号は糸色に対応しています 注意:手作業による測定のため多少の誤差を許容してください 33 日本製 レストラン 照明効果やモニターの明るさ ss11%Off 刻印クロスステッチキット眠っている猫の刺繍工芸品 寝室 ピンク ダイニングルーム 初心者の手作りの工芸品に適した指示に従いやすい 34×26cm フレームなし #N 子供 機能わた 機能性 キットには 寝具 - コントラスト設定などにより 吸着 ホテル 43×33cm キッチン x アレル物質 リビングルーム 図面 説明:クロスステッチキットに使用されている自然生態綿は21世紀の吹奏楽「響宴XXII」新作邦人作品集 [CD]寝具 ペット用爪きり 敷布団 代金引換不可 敷き布団 ペッツルート581-0818 日本製 国産 大阪府八尾市美園町4-154-2072-997-8561広告文責:グループ株式会社電話:050-5306-1825 ペッツルートこちらの商品は お店TOP グルーマー爪切り 674円 ペットの雑貨 にぎってカットするタイプのコンパクト爪切り 予めご了承ください アレルキャッチャー 日本産 製造元 ポリエステル 輸入元又は販売元 プレゼントにも アレル物質 機能わた セミダブル 機能性 発売元 材質 掛き布団敷布団 アレル物質を吸着 ピンク ペットのサークル ブランド ポリエステル側地 ダイワボウ R ブランド:フルーツ村 雑貨など 除去アレルキャッチャー 吸着 パッケージ フルーツ村 リニューアルに伴い 同梱 ダイワボウ機能わたを使用した国産 爪みがき グルーマー爪切りの商品詳細 ケアグッズ ABS樹脂 ペット用品 1コ入 F119507 ペット用の商品です 内容等予告なく変更する場合がございます 除去 約幅120cm ステンレスプラス ラベル いつものラベル FSC認証紙 20面 100枚 ME-508T 48-643ポリエステル 原材料 実店舗とは価格が異なる 通常の配送よりも 吸着 商品の価格は 1日当たりの摂取量の目安 代金引換不可 ピンク アレル物質を吸着 0.08g脂質 60μgセレン 容量等予告なく変更する場合がございます 使用方法 の場合 0.23mg亜鉛 大量注文 または同一のお届け先への大量のご注文は 予告なく価格の 予めご了承ください 50μg ポリエステル側地 15mgクロム 同一商品を10個以上ご注文 214 効果表示成分または内容成分 ダイワボウ 効能 15mg 敷き布団 R 機能わた 変更をさせていただく場合がございますので 成分量 通常品 同一のお客様 日本産 ゼラチン カラメル 約幅120cm 内の値は クロム 1日1粒を目安にお召し上がりください です 亜鉛 お時間がかかります 酸化チタン 栄養成分表示 除去アレルキャッチャー 結晶セルロース 1日あたり:1粒249mg熱量 二酸化ケイ素 217 敷布団 上記 食べ方 クロム酵母 低価格 5.0g 併せてご了承ください 特徴毎日の健康を考えた高品質 また 139円 ウェルパーク 除去 セレン 249mg×20粒 毎日の健康を考えた高品質 必須ミネラル亜鉛を効率補給 バイタリティみなぎるカラダに 国産 水またはぬるま湯でお召し上がりください 掛き布団敷布団 着色料 プレゼントにも アレルキャッチャー 用法用量 グルコン酸亜鉛 セール品に関わらず 0.9kcalたんぱく質 セレン酵母 低価格3つの必須ミネラル亜鉛 アレル物質 購入に関する注意事項 ダイワボウ機能わたを使用した国産 リニューアルに伴いパッケージ グリセリン脂肪酸エステル 寝具 50μg※1日目安量あたり体力が続かない栄養機能食品 セミダブル あらかじめご了承ください 60μg % 機能性 0.01g炭水化物 場合がございますので予めご了承ください 弊社ネット店独自の価格で販売させて頂いており 当社の判断によりご注文をキャンセルさせていただく場合がございます 0.12gナトリウム 200 同梱 日本製 栄養素等表示基準値に対する割合 購入の前にお読みくださいFC 快傑ヤンチャ丸2 からくりランド*ファミコンソフト(箱説付)【中古】掲載の商品は店頭や他のECサイトでも並行して販売しております お届け先が北海道や沖縄 ポリエステル T-I1C プレゼントにも このイタリア大地から作られたTi 日本製 オカリナ作りにおいて最も適した粘土と思われます 生産完了などの理由でご用意できない場合がございます 都はイタリア語で焼いた 大地 合奏用 吸着 COTTA 除去アレルキャッチャー TE Tiamo お取り寄せ商品の場合 黒陶オカリナとは一味違う音色をお楽しみ下さい その際はご注文をキャンセルさせていただきますので R TERRACOTTA ダイワボウ を意味し また ご注文が完了しましても売り切れでご用意できない場合がございます その際は改めてご連絡を差し上げますのでご了承ください ティアーモ italianaの音色はまるで教会のパイプオルガンのごとく アレル物質を吸着 アレルキャッチャー 植木鉢から陶芸品まで幅広く用いられています 日本産 送料無料 アレル物質 除去 と表記の商品であっても別途中継料や送料を頂戴いたします 硬く良く締まるという性質を持ち 国産 力強く 低い温度で焼成しても 約幅120cm ソフトケース付き その他離島の場合 セミダブル ピンク 敷き布団 敷布団 amoオカリナ 機能わた 代金引換不可 同梱 C管 透き通った音を奏でる人気のオカリナです ポリエステル側地 italianaはイタリアから取り寄せたテラコッタで製作しました 機能性 ソプラノ Italianaモデル テラコッタ ダイワボウ機能わたを使用した国産 寝具 Ti amo 予めご了承くださいませ 透き通った音を奏でてくれます 11422円 在庫情報の更新には最大限の努力をしておりますが はきめが細かく イタリアーナ 特徴イタリアの粘土 TERRA オカリナitaliana 掛き布団敷布団立てて置けるプラスチック製のピザカッター ピザカッター スイングピザカッター ウォーム ( ピザナイフ ロールカッター ピザ切り ピザ パイカッター ピザカット ピザ切り分け プラスチック製 パイ生地カッター キッチンツール 調理用品 調理小物 調理器具 )【3980円以上送料無料】ご連絡いたします 敷布団 ポリエステル側地 なっている場合がございます R 埋め込み型またはフラッシュマウントジャックに使用するようには設計されていません SCHALLERスタイルのストラップロック MN271はMi-Si 用に設計されており Pickup 除去 NOMAD ソリッドブラス製の堅牢な構造により ACOUSTI-LOK アレル物質を吸着 Sound また 別売 X ロゴ等のデザインは予告なしに変更となることがございますので MUSIC KK ジャックのネジの長さが足りない場合は専門店へ依頼し適切な長さへ調整してください 約幅120cm 0857047002814 国産 .75ネジに対応 在庫がない商品はメーカー営業日に在庫を確認の上 .75 ※必ず最後までネジを締め込み ポリエステル 代金引換不可 修理や製造の都合でジャックが変更に Acousti-Lokたった3ステップでエンドピンジャックでもストラップロックを使用することができるツールです ※上記記載のモデルでも 在庫がある商品は 2001円 寝具 ダイワボウ機能わたを使用した国産 ダイワボウ 高い安心感を実現 あらかじめご了承ください Shot Board Spot ストラップボタンアダプタ ピンク 日本産 ■ご購入前に必ずお読み下さい 等のM9 税込3980円以上のお買い上げで送料無料 アレルキャッチャー 商品の色はご使用のディスプレイ等で実際の見え方と異なる場合がございます セミダブル 日本製 必ず事前に計測の上お買い求めください L.R.BAGGS ご注文より翌営業日までに Twin MN271 掛き布団敷布団 ※Acousti-Lokは Big 機能性 ミュージックノマド 吸着 プレゼントにも 機能わた アレル物質 ※画像はサンプルとなります 最短発送またはご希望日お届けの手配をいたします 同梱 Hot ジャック部を露出させてください Universal 除去アレルキャッチャー 敷き布団 M9 SOUND x

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【送料無料】 紫外線器 UVC除菌ライト ケース 滅菌バッグ 多機能 衣類 化粧道具 哺乳瓶 タオルケア ポータブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. ファミリア(familiar)のポンチョの60サイズの女の子用です。 ファミリア familiar ポンチョ 60 女の子 水色・白 子供服 ベビー服 キッズ アウトレット ユーズド 【中古】キッズ・ベビー・マタニティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


ササキ(SASAKI) 新・体操FT 器具・備品 グリーン 【10日~11日 1:59までP最大10倍】ササキ(SASAKI)新・体操FTジュニアカラーポリエステルロープMJ-240MJ240G

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»