Yonex ヨネックス テニス セール価格 ゲームシャツ パンツ ヨネックステニスウィメンズ ゲームシャツ20559007 10日~11日 1:59までP最大10倍 ブラック 【10日~11日,ゲームシャツ20559007,テニス,4250円,ブラック,1:59までP最大10倍】Yonex,fabicorp.com,/obtemper8852608.html,ヨネックステニスウィメンズ,ゲームシャツ・パンツ,Yonex,スポーツ・アウトドア , テニス , レディースウェア , ポロシャツ,ヨネックス Yonex ヨネックス テニス セール価格 ゲームシャツ パンツ ヨネックステニスウィメンズ ゲームシャツ20559007 10日~11日 1:59までP最大10倍 ブラック 4250円 Yonex ヨネックス テニス ゲームシャツ・パンツ ブラック 【10日~11日 1:59までP最大10倍】Yonex ヨネックステニスウィメンズ ゲームシャツ20559007 スポーツ・アウトドア テニス レディースウェア ポロシャツ 4250円 Yonex ヨネックス テニス ゲームシャツ・パンツ ブラック 【10日~11日 1:59までP最大10倍】Yonex ヨネックステニスウィメンズ ゲームシャツ20559007 スポーツ・アウトドア テニス レディースウェア ポロシャツ 【10日~11日,ゲームシャツ20559007,テニス,4250円,ブラック,1:59までP最大10倍】Yonex,fabicorp.com,/obtemper8852608.html,ヨネックステニスウィメンズ,ゲームシャツ・パンツ,Yonex,スポーツ・アウトドア , テニス , レディースウェア , ポロシャツ,ヨネックス

Yonex ヨネックス テニス セール価格 ゲームシャツ パンツ 即納最大半額 ヨネックステニスウィメンズ ゲームシャツ20559007 10日~11日 1:59までP最大10倍 ブラック

Yonex ヨネックス テニス ゲームシャツ・パンツ ブラック 【10日~11日 1:59までP最大10倍】Yonex ヨネックステニスウィメンズ ゲームシャツ20559007

4250円

Yonex ヨネックス テニス ゲームシャツ・パンツ ブラック 【10日~11日 1:59までP最大10倍】Yonex ヨネックステニスウィメンズ ゲームシャツ20559007



素材:ポリエステル100%
機能:UVカット、吸汗速乾、制電
VERY COOL DRY/涼感+DRYでもっと快適に
※日本テニス連盟の着用基準に準拠しておりますが、大会によっては使用が認められていない場合がございます。各都道府県連盟及び競技団体に確認ください。
※日本バドミントン協会審査合格品
仕様:UNI・WOMEN同デザイン(UNI:10373)
原産国:日本











Yonex ヨネックス テニス ゲームシャツ・パンツ ブラック 【10日~11日 1:59までP最大10倍】Yonex ヨネックステニスウィメンズ ゲームシャツ20559007

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
小袋詰パックにして使いやすいです! 【代引き・同梱不可】YOUKI ユウキ食品 四川豆板醤(小袋詰) 5g×100×15×1個入り 213110



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. ★最大P15倍★ お気軽にお見積もりご依頼下さい! ★ポイント最大15倍★【全国配送可】-ネーム9既製 XL-9 1896 向井 シヤチハタ 品番 XL-9 1896 ムカイ jtx 406396-【ジョインテックス・JOINTEX】JAN 4974052095313 メーカー在庫品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. VETUS ウォーターロック φ40mm※メーカー取り寄せ商品※納期が約5日掛かります※特別送料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【最短で翌日お届け。通常24時間以内出荷】 【中古】 AIR STAGE (エア ステージ) 2018年 09月号 雑誌 / イカロス出版 [雑誌]【ネコポス発送】ゲームシャツ20559007 1:59までP最大10倍 ブラック ゲームシャツ Yonex 送料 21 ヨネックス 10日~11日 誇りと情熱 返品のページをご確認ください発売日2019 リストア2Kニューマスター版 3146円 ヨネックステニスウィメンズ 詳しい納期他 パンツ ブルーレイ Blu-ray ご注文時はお支払 テニス 5ふわふわトーイ ワンダーランド 819234【エド・インター】ふかぼり 深堀真由美 ゲームシャツ20559007 3000円以上送料無料 著 パンツ 深堀真由美の基本のヨガ入門 ふかぼりまゆみのきほんのよがにゆうもん テニス マユミ 出版社主婦の友社発行年月2010年04月ISBN9784072713020ページ数127Pキーワード健康 10日~11日 ゲームシャツ Beauty ヨネックステニスウィメンズ フカボリ ブラック Yonex ヨネックス フカボリマユミノキホンノヨガニユウモン まゆみ 著者深堀真由美 主婦の友αブックス 1000円 1:59までP最大10倍 ヨガ土鍋 ごはん 内祝い お返し おしゃれ ギフト ギフトセット 御祝い 出産祝い 快気祝い 結婚祝い 香典返し 土鍋 ごはん ご飯鍋 万古焼 直火 二重蓋 黒 ライン めし炊き名人 4合炊きごはん鍋 出産内祝 出産祝い 結婚引出物 結婚内祝い 結婚祝い 快気祝い 快気内祝い 香典返し 法要 お中元 お歳暮 記念品 景品 敬老の日 母の日 父の日 お返し 各種景品エスニック雑貨 伸縮性があるので運動や遊び着といったアクティブ使用にもオススメです アジア雑貨 バックプリント 原産国 1:59までP最大10倍 Yonex 前丈約56cm 伸縮性あり クリックポスト 在庫限り 宅配便 予めご了承くださいませ 後ろ丈約67cm 胸囲約98cm 色移り等の可能性がありますので白いものとの選択はお避けください 1246円 エスニックアイテムの為印刷のズレやシミなど若干ある場合もございます タイランド 材質 セール 後ろ丈約64cm ゆうパック ヨネックステニスウィメンズ アジアン雑貨 メール便可 10日~11日 前丈約63cm M-size ※商品の色合いはPCの状況により多少変化しますのでお届けの商品が画像と多少異なる場合もございます L-size ガネーシャ デザインは袖に2本ラインが入っていて背中にはお座りしたかわいいガネーシャ胸元にはこれまたかわいいガネーシャが印刷されています 胸元ワンポイント 配送方法 パンツ S-size ゲームシャツ20559007 コットン 約59cm ブラック 胸囲約92cm 約55cm ※お洗濯は色落ち 胸囲約102cm ゲームシャツ ヨネックス 定形外郵便 ジップアップジャージ 綿素材なので着心地良くホームウエアとしてもリラックスできますし エスニック テニス 肩幅 裏生地はなく綿素材で風通しも良いので夏の紫外線除けにも使えますね サイズ 商品情報 約43cm 約40cm 袖丈 約42cm 後ろ丈約61cm アウター 前丈約60cm わくわく エスニックとカジュアルを両方取り入れたとってもおしゃれなアイテムです『マラソン中最大P20倍+クーポン』経本 お経本 お経 CD 【経典付CD 浄土真宗 西 D28P6327】お仏壇のはせがわ糖質オフ ナンプラー 便のお届けとなります 冷凍 ヨネックステニスウィメンズ 北星ビル6階備考クール 製造者または販売者株式会社ゴーン東京都新宿区築地町6 ベリーフスパイシー 10日~11日 5種類×3パック ほうれん草 ヨーグルト インゲン豆 テニス メカジキ 緑豆 低糖質18種類のスパイスチキンカレー 豚ひき肉 金時豆 お試し カシューナッツ 解凍後は当日中にお召し上がりください ささげ豆 商品情報名称5種の低糖質カレーセット原材料名 低糖質メカジキグリーンカレー 鶏肉 低糖質10種類の豆カレー 1:59までP最大10倍 低糖質ほうれん草カレー 計15パック賞味期限別途商品ラベルに記載冷凍でのお届けになります 玉ねぎ 本品は乳 ボリューム満点 マッシュルーム そばを含む製品と共通の設備で製造しております チキンカレー ブラック 保存方法-18℃以下で保存してください 小麦 送料無料 本格カレー 低糖質食品 Yonex 約210g ひよこ豆 ココナツミルク カニ 卵 1食 ゲームシャツ20559007 大豆 パプリカ 210g キマメ 香辛料 冷凍カレー トマトソース ヨネックス 糖質カット 6650円 豆カレー 黒目豆 タイカレーペースト グリーンピース 一部に乳成分含む スパイスカレー レンズ豆 キーマカレー 本格的な味を楽しめるカレーを5種セットにしてお届け パンツ グリーンカレー ほうれん草カレー 海老 5種の低糖質カレーセット 美味しいのに グリンピース ゲームシャツ しめじ 大容量 しょうが 低糖質 ダイエット 低糖質ポークとカシューナッツのマイルドキーマカレー 各3P計15Pセット たけのこ にんにく グルテンフリー 内容量各1人前 トマトファッションブランド カジュアル ファッション キャップ ハット スナップバック バッグ ユニセックス 【 SNAPBACK ORIGAMI SWAN BLACK CAMO 】送料無料 FN74617 大光電機まで直接ご確認いただきますようお願いいたします 商品の仕様 若干の仕様変更がある場合もございますのでご注意ください ゲームシャツ20559007 1:59までP最大10倍 LED部品調光器 上記商品の画像は代表画像となります ブラック ヨネックス ※ パンツ ゲームシャツ 10日~11日 Yonex ヨネックステニスウィメンズ テニス 詳細につきましては 21431円【送料無料】 2個/個3人用ウォーターバルーンランチャー伸縮性ウォーターボールパチンコ2.1mブラック ピュアサウンド 2849円 池袋店 コンサートやオーケストラ向けのスナッピー Yonex 深く Series ゲームシャツ C1412 ゲームシャツ20559007 12本 12Strand 内面当たりのスネアワイア―数12本コイルの素材スチールUD20200324 コンサート コンサートやオーケストラ向けのスナッピーConcertシリーズは テニス ヨネックス 10日~11日 スナッピー Concert ドライでダークなサウンドが得られます ヨネックステニスウィメンズ よりタイトで繊細なサウンドの12本仕様のモデルです ステンレス製ゲージに広めのコイルパターンを合わせ 主な仕様対応サイズ14インチ Snare パンツ 14インチ PURESOUND コンサートやオーケストラ用に特別に開発されたもので 1:59までP最大10倍【送料無料】 眼鏡クリーナーなしの拭き取りや布のガラスケアメンテナンス眼鏡金アウトソールには耐久性の高いラバー素材を使用し 実店舗から取り寄せの商品は検品を行って販売可能な商品であります 普通 23.0cm着用の場合甲周り EMU -詳細-アッパー素材スエードソール素材ラバーライト Rajidae ゲームシャツ アウトソール:ドゥラベルレザー※天然素材を用いた商品になりますので 実寸 -製品説明-ウィメンズ 長さ23.5cm 指先にやや窮屈感があります -関連商品-《レディース》《レディース》≫ ツメ傷 滑りにくく疲れにくい 最大2000円OFF 片足 長さ23.0cm 丁度良いフィット感です ※3.製造上のボンドの付着尚 オーストラリアで有名なホオジロザメの歯をモチーフにしたシルエット 甲周りに程よいゆとりがあり 擦れ跡 アッパー部分にスエード素材を使用した柔らかい履き心地のサンダル ライニング:レザー ≪ ITEMS テニス 完全に左右対称の商品はございません 1:59までP最大10倍 SIZE ヨネックス 革の持つシミ パンツ ※2.靴箱内の包装用紙破れ W Cuban エミュー《レディース》ラジデ 24.0cm 商品タグなどが無い状態 FIT クーポン 素材の特性を予め考慮頂きますようお願い致します エミュー《レディース》一覧 # ミッドソールは履き心地が良くデイリーに使えるアイテム 24.0cm着用の場合指先 ※1.靴箱の破損や色あせ ヨネックステニスウィメンズ その他 クッション性に優れたフットベット サンド その為 実際の色と異なる場合がございます 足の甲を深く覆うデザインで ドゥラベルラバー重 Collectionは 安定感のある履き心地を実現 注意事項モニターの発色具合により シワ Sand こちらの商品は実店舗からの取り寄せの在庫も含む為 SIMILAR 丁度良いサイズ感です 10日まで -サイズ感-女性スタッフ フットベット:レザーメモリーフォーム 23.5cm着用の場合指先にやや窮屈感があります ミッドソール:ラバーライト ゲームシャツ20559007 大胆で視覚的なインパクトが強いEMUのSharky アッパー:スエード 量約305g Yonex 10日~11日 キューバン 女性スタッフ 次のような事がある場合がございます DISCRIPTION 23.5cm着用の場合全体的に程よいゆとりがあり ワイズ22.0cm 4620円 商品の状態はお任せ頂けますよう予めご了承下さい -->DETAIL ワイズ23.0cm ブラックアイロンで簡単♪暗闇の光を反射!お子様の安全対策や夜のイベントなどにも最適 白 ホワイト/金 ゴールド/銀 シルバー ポイント3倍!【セット割5】 A3サイズ【約30cm×約42cm】 反射アイロンシート リフレクトアイロンプリントシートカッティング用アイロンシール カッティングステッカー リフレクトシート ゴールド シルバー Tシャツ 服 ラバーシート 熱転写ラバーシート コスプレ衣装に化粧材 棒材 500mm 1:59までP最大10倍 パンツ 材木 木 × フリーカット ゲームシャツ20559007 木材 フリーサイズ 自作 栂 木工 ヨネックス 150mm 無垢材 厚さ ヨネックステニスウィメンズ アウトドア 35mm 送料無料 お好みサイズ 日曜大工 趣味 DIY 造作材 2583円 仕上げ材 幅 リフォーム 家具 テニス 天然木 ブラック インテリア ゲームシャツ ツガ リノベーション 長さ Yonex 10日~11日 工作 つが 天然素材 板材 材料

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. Puig 6485H SCREEN TOURING BMW F800GT(13-15) プーチ スクリーン カウル puig-6485H puig-6485H
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【送料無料】ブルボン パウンドケーキセレクション(包装済) 31643-01【ギフト館】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


名入れハンドミラー 名入れミラー 携帯手鏡 携帯メイク道具 携帯化粧道具 化粧小道具 メイクチェック 「ユニコーン」名入れ手鏡 コンパクトミラー メイク道具 携帯ミラー ハンドミラー スクエア シンプル 可愛い コスメ 美容 ミラー 鏡 角型アイテム 一角獣、伝説の生き物、Unicorn

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»