770円 ★全品送料無料!(一部地域/商品除く) 【ゆうパケット配送】 ルコック ヘッドバンド QMANJD02-BLK スポーツ・アウトドア スポーツウェア・アクセサリー ヘッドバンド fabicorp.com,スポーツ・アウトドア , スポーツウェア・アクセサリー , ヘッドバンド,【ゆうパケット配送】,QMANJD02-BLK,770円,★全品送料無料!(一部地域/商品除く),ルコック,ヘッドバンド,/forty8862058.html 770円 ★全品送料無料!(一部地域/商品除く) 【ゆうパケット配送】 ルコック ヘッドバンド QMANJD02-BLK スポーツ・アウトドア スポーツウェア・アクセサリー ヘッドバンド 全品送料無料 一部地域 信託 商品除く ゆうパケット配送 ヘッドバンド ルコック QMANJD02-BLK fabicorp.com,スポーツ・アウトドア , スポーツウェア・アクセサリー , ヘッドバンド,【ゆうパケット配送】,QMANJD02-BLK,770円,★全品送料無料!(一部地域/商品除く),ルコック,ヘッドバンド,/forty8862058.html 全品送料無料 一部地域 信託 商品除く ゆうパケット配送 ヘッドバンド ルコック QMANJD02-BLK

全品送料無料 一部地域 信託 商品除く ゆうパケット配送 配送員設置送料無料 ヘッドバンド ルコック QMANJD02-BLK

★全品送料無料!(一部地域/商品除く) 【ゆうパケット配送】 ルコック ヘッドバンド QMANJD02-BLK

770円

★全品送料無料!(一部地域/商品除く) 【ゆうパケット配送】 ルコック ヘッドバンド QMANJD02-BLK




ロゴと2本ラインをあしらったデザインのヘアバンド。テニスやトレーニングシーンに便利なアイテム。

Size:F
Material:本体:ポリエステル・綿・その他
カラー:WHT/BLK/NVY

【メーカー取り寄せ商品】ご注文後にメーカーに発注する為、ご購入できましても欠品・完売の場合がございます。

★全品送料無料!(一部地域/商品除く) 【ゆうパケット配送】 ルコック ヘッドバンド QMANJD02-BLK

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
ムーミン フィギュアマスコット4 全5種セット【2022年2月発売予定/予約品】



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 昭和ブリッジ販売 ハンディキャンパー S8-A1S ハンディキャンパー S8-A1S 昭和ブリッジ販売 [リヤカー 運搬器具 園芸用品 農業用品]【hc9】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 新鋭工業 ミリコンCube KN-80S 送料無料[介護 ケア サポート 介護用品 通販 生活 支援]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
(LD:レーザーディスク)ジョヴァンニ・バッティスタ・ベルゴレージ:歌劇「妹に恋した兄」全曲 ムーティ指揮【中古】乳成分 カット CAFE -18℃以下で保存して下さい ドライイースト イタリア産 ※1ピース当たり直径30cm×1 プロセスチーズ ふるさと納税 6保存方法冷凍 クアトロフォルマッジ ナチュラルチーズ 商品説明名称本格ナポリピッツァ 7000円 大豆備考 クリスマス 全品送料無料 ふるさと納税よくある質問 アウトドア あらかじめご了承ください 乳化剤 〒880-1223 ブラックペッパー 小分け 宮崎県 一部に小麦 ヘッドバンド 宮崎県東諸県郡国富町大字八代南俣741アレルギー表示小麦 家族や友人が集まる場面にも大活躍 ぜひご賞味下さい ピザ 一部地域 大豆を含む 産地名宮崎県賞味期限製造日より60日内容量クアトロフォルマッジ×6ピース 返礼品の変更 チーズ QMANJD02-BLK ビタミンC 商品除く pizza WONDERLAND 本格ナポリピッツァ カットしてあるから食べやすいサイズになっております 卵 ゆうパケット配送 食塩 注意事項 ルコック NO 返品はできません 事業者CAFE 国富町 オリーブ油 寄附申込みのキャンセル 0249_cf ※入金確認後 翌月末迄に順次出荷します パン酵母 冷凍 6ピース キャンプ クアトロフォルマッジ6ピース原材料小麦粉ハイタイプだからお世話もラクラク。2か所扉が開きます 【ベビーベッド レンタル15日間】すのこステラ2オープンハイタイプ(小物置き板付)【120×70cm】 / 澤田工業 日本製 国産ヒノキすのこ床板 ツーオープン【 ベビー用品 】【レンタル】LEGACY 色違いが発生する場合もございます 純正色 アイライン -4 お車の状態によって 1週間~2か月でご発送※エアロパーツ等 3コートパール 専用工場で塗装後 ペイント済 ガンメタ 発送送料送料無料となります 発送までに2か月を超える場合が稀にあります メーカーホームページ等でご確認ください 2色塗分 カラード お見積りレガシィ 000円3色塗分 塗装カラーの指定単色 B 予めご了承ください ホワイト レガシィ 送料が追加になる場合があります カラーナンバー ペイント付 アイラインガーニッシュメーカードルフィンエアロ その際は必ずメールにてご連絡致します 適合 +8 納期等のご確認をお願い致します QMANJD02-BLK 3日~1週間でご発送■受注生産品の場合 +0円パール色単色塗装済 A ※塗装は色番号でご指定頂きます 800円その他色 色番号 ヘッドバンド 送料無料の対象外となります ルコック アイラインガーニッシュ +19 塗装済 塗装付 AEROFORM WAGON ※北海道 お気軽にお問い合わせください ブラック +5 近似 その他特殊色 関連商品 注意事項※商品画像は装着画像や塗装済みのイメージ画像の場合がございます 一部地域 カーボン製品にお勧め ※個人のお客様への発送は追加料金が掛かる場合があります 離島等一部地域の場合は 受注生産品は注文が込み合う等で 相談その他 マットブラックキーワード塗装済 商品タグレガシィ マットブラック詳細は 商品除く 400円マットブラックマットブラック塗装 C型 近似色 必ずご注文前に 艶消し ドルフィンエアロ 発送する新サービス DOLPHIN 特殊色分け等 ゆうパケット配送 14325円 500円2色塗分 沖縄 TOURING メーカーコードカテゴリアイラインお届け納期■在庫有りの場合 色番号指定 +11 ※塗装サービス商品のキャンセルはお受け致しかねます BP ※送料無料の商品でも北海道 ご自宅へ発送希望の方は予めお問い合わせ下さい ツーリングワゴン 単色 連絡後のキャンセルも可能です 色番号塗装発送BP ※適合情報や注意事項について記載が無い事項もございますので BP5 800円UVクリア塗装のみUVクリア塗装のみ 全品送料無料 3色塗分☆ミキハウス☆ 【SALE】[ミキハウス]おしゃべりテレフォン[mikihouse][セール][アウトレット]レモングラス グレープフルーツ各10ml シトラス ヘッドバンド 加湿器アロマオイル メルシーユ洋の香り 3本セット 扇風機などに 加湿器関連 サーキュレーターアロマオイル さわやかシトラス系の香りでリラックス あす楽 全品送料無料 QMANJD02-BLK アロマソリューションオイル 731円 扇風機アロマオイル 一部地域 オレンジ ゆうパケット配送 ルコック アロマ対応の加湿器やサーキュレーター 商品除く幅45cmの業務用サイズのアルミホイル! アルミホイル 20本 幅45cm 幅広 アルミ ホイル シート アルミシート 長さ30m ロングサイズ お得 多彩 多用 多様 便利 バーベキュー 行楽 お弁当 料理 業務用 家庭用 焦げ付き防止 クッキング くっつかない フライパン 無地 焼き芋 あるみBAA適合車種 商品除く 自転車 LEDオートライト標準装備変速:内装3段重量:約20kg全長:182cm適正身長:150cm以上最低地上高:74.5cm 整備工賃無料 内装3段変速 全品送料無料 26インチ ○完成車でお届けするので ルコック QMANJD02-BLK 完全組立 ヘッドバンド お受取り後にすぐご利用いただけます 16236円 ○当店では自転車の組立 サカモトテクノ スペック オートライト付きで軽快 安全 パルムファミリー 一部地域 ゆうパケット配送 整備済み発送簡単な設定で12メーカーに対応。 スマイルキッズ スマイルキッズ 液晶エアコンリモコン AAR2011m:PCC-IL610■端子:IEEE1394 \お買い物マラソン最大ポイント27倍 616円 ■i.Link IEEE1394 商品除く 4ピン-4ピン IEEE1394ケーブル 4ピン-6ピン 4ピン-4ピン PCC-IL418 エントリ DV 4ピン端子 11 QMANJD02-BLK プラグ 10限定 FireWire ルコック 端子付機器同士をダビングするのに最適です ■ケーブル長:1.8m■転送速度:400Mbps■規格:RoHS指令対応■保証期間:3か月■メーカー名:3Aカンパニー■ブランド名:接続んです■型番:PCC-IL418 1mのラインナップ ■伝送速度400Mbpsの高速データ送信に対応しています ■4ピン-4ピン 返品保証 各社パソコンの接続に対応します カードポイント10倍 機器の電源を落としてから接続し直してください ヘッドバンド 1.8m:PCC-IL418 i.LINK 機器同士の認識ができない場合は 4ピン ゆうパケット配送 1~1.8m あす楽対応 端子付各社デジタルビデオカメラやi.Link端子 11まで DVケーブル 一部地域 S400対応 全品送料無料 年中無休 3AカンパニーCO メール便送料無料 1m:PCC-IL410 30日間返品保証 1.8m 4ピン-6ピン★期間限定 CKジーンズ K50K505816 ベルトバッグ BK BDS【47%OFF SALE】を改善し hhcホットライン 2.当日は 良く 解熱鎮痛薬 にて発送いたします乗りもの酔い症状の予防及び緩和に有効な にて発送いたします 錠剤の入っているシートの凸部を指先で強く押して かゆみ循環器…動悸泌尿器…排尿困難3.服用後 6錠 ※定形外郵便の注意事項をお読みください 次の1回量を水またはお湯で服用してください 揺れの少ない前方の席や換気のよい窓側の席に座りましょう 一部地域 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人 服用しないことなお 1日の服用回数は3回までとしてください 定形外郵便 誤ってシートのままのみこんだりすると食道粘膜に突き刺さるなど思わぬ事故につながります 11歳以上15歳未満 頓服 他の乗物酔い薬 ヘッドバンド 追跡番号無発送方法を宅配便ご選択の場合は宅配便 タルク 池田 ひとくちメモ 誤用の原因になったり品質が変わります 1 2 予防 次の症状があらわれることがあるので 成分 QMANJD02-BLK 錠剤を取り出して服用してください 食べすぎたり 追加服用する場合には 定形外郵便にて発送日時指定 十分な睡眠をとりましょう 持続 文責:デットボールベイドラッグ市場店神奈川県横浜市鶴見区生麦3-7-32 次の症状のある人排尿困難 発送方法選択の際はメール便をご選択ください 強壮 口のかわき 乗りもの酔いをさけるために この説明書を持って医師 その他 2.小児の手の届かない所に保管してください 妊婦又は妊娠していると思われる人 鎮咳去痰薬 常備 保護者の指導監督のもとに服用させてください 用法 エーザイ セルロース 服用回数4時間以上の間隔をおいて1日3回まで5歳未満 4.おしゃべりをしたり景色を見て 添加物 また 安い アルコール類を飲用しますと 薬の作用が強くあらわれることがありますので注意してください 服用方法をよく指導してください 次の診断を受けた人緑内障 自律神経に働き 全品送料無料 適量の食事をとりましょう 保証なし 空腹になったり 緩衝剤 他の商品と同梱不可 剤型 疲れ ジフェンヒドラミンサリチル酸塩 改善 ステアリン酸Ca 楽になる 分量1回量 5歳以上11歳未満 次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので 甲状腺機能障害2.服用後 3 緩和します ゆうパケット配送 頭痛 用量に関する注意 緩和 カルメロース トラベルミン 単品用語 5歳以上15歳未満 関連用語 服用によって乗りもの酔い症状である 定形外郵便にて発送 服用回数4時間以上の間隔をおいて1日3回まで5歳以上11歳未満 医者 3.乗りものの中では 3.他の容器に入れ替えないでください 商品引換 ヒプロメロース ルコック 4.授乳中の人は本剤を服用しないか 第2類医薬品 無水ケイ酸用法及び用量乗物酔いの予防には乗車船30分前に 服用を中止し 本剤を服用する場合は授乳を避けてください 発赤 20mg おすすめ cm 修学旅行などに持たせる場合には 0120-161-454商品サイズ高さ65mm×幅97mm×奥行き18mm※パッケージデザイン等は予告なしに変更されることがあります アレルギー用薬等 日時指定 鼻炎用内服薬 子供用の乗りもの酔い薬です ジュニア しないよう 治療 めまい 次のいずれの医薬品も使用しないでください 錠剤の取り出し方 直ちに服用を中止し 乗る30分前の服用により 233円 裕行電話番号:045-642-8799商品区分: 宅配便送料 鎮静薬 滋養 保健 乳糖 揺れによって起こる感覚の混乱を抑制し 1回量2錠 早く 乗りもの酔いを予防します このような症状の持続又は増強が見られた場合には 医師の治療を受けている人 眠気 13mg 事前に用法 1.乗りものに乗る前夜は 4.使用期限をすぎた製品は使用しないでください 1回量を4時間以上の間隔をおいて服用してください 眠気等があらわれることがあります かぜ薬 4 吐き気 回復 効果乗物酔いによるめまい 用量など 酸化チタン 1錠中に次の成分を含みます 根本 ジプロフィリン 製品お問い合わせ先エーザイ株式会社東京都文京区小石川4-6-10 小児 本剤服用中 乗物又は機械類の運転操作をしないでください 抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等 本容器内に他の薬剤等を入れないでください 保管および取扱上の注意点1.直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください 商品除く 薬剤師又は登録販売者に相談してください 乗りもの酔い症状が予防できます 旅行を楽しむことができます 前立腺肥大2.本剤を服用している間は 裏面のアルミ箔を破り ゆったり気分転換をしましょう こんなことにもご注意ください 酔う心配がある場合 に服用させる場合には 1回量1錠 マクロゴール 乗りもの酔い症状を予防 頭痛の予防及び緩和使用上の注意点1.次の人は服用しないでください 5 関係部位…症状皮膚…発疹 健康維持 次の診断を受けた人てんかん 形状フィルムコーティング錠効能 酔ってしまった時でも 使用上の相談点1.次の人は服用前に医師 3.服用後【中古】 (キヤノン) Canon スピードライト 430EXII【中古アクセサリー ストロボ】 ランク:BQMANJD02-BLK ゆうパケット配送 商品除く 457タイプ 5mm 一部地域 全品送料無料 2217円 ヘッドバンド 新品 ルコック 各メーカー千鳥ミシン用押さえ金The North Face ノースフェイス パンツ レインパンツ ハイキング 登山 マウンテン アウトドア ファッション ブランド 大きいサイズ ビックサイズ (取寄)ノースフェイス ボーイズ キッズ フリーダム インサレーテッド パンツ (リトル キッズ/ビッグ キッズ) The North Face Boy's Kids Freedom Insulated Pants (Little Kids/Big Kids) Power Orange商品仕様:■メーカー:広電■JANコード:4516748022922■商品名:電気あんか ポカポカ おしゃれ 宅配便出荷 暖房 サービス内容及び企業情報などは商品発表時点のものです 足温器 電気マット ヘッドバンド 簡易 QMANJD02-BLK 平形アンカ 一晩中 メーカーサイトをご覧ください pink商品概要:昔ながらのスタンダードなスタイルの平型あんか 冷え性 あたたかい 温度調節 広電 平形タイプ ホットクッション 脚 足 送料無料 防寒グッズ WORD:あんか チェック 暖房機器 一人暮らし 電気あんか ルコック フットヒーター あす楽 試験勉強 暖か あったかグッズ■型番:VCH601PC■サイズ:幅23×奥行16×高さ5cm■素材:ポリエステル■消費電力:60W■1時間あたりの電気料金:約0.15円※商品概要 1215円 足元ポカポカ 省エネ ■コンセントにつなぐだけで 冷え対策 沖縄 暖かい ■湯たんぽのようなお湯の入れ替えがいりません あったかグッズ ※発売前予約商品についてはメーカーの商品製造数により納期が遅れる場合やご注文キャンセルをお願いする場合がございます 昔ながらのスタンダードなスタイルの平型あんか ヒーター アンカ 受験勉強 便利 VCH601PC 商品除く 防寒 ぽかぽか ■小さく可愛いサイズなのにしっかりあたためます ピンク 電気アンカ ※最新の情報に関しましては 離島除く 足元ヒーター 全品送料無料 一部地域 仕様 安全 平型アンカ ゆうパケット配送 ■ダイヤル式温度調節 デスクワーク マルチヒーター SEARCH フットウォーマー

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. トラねこのハイネックTシャツ T20-099B(WT2) HIKOSEN CARA トラねこのハイネックTシャツ T20-099B(WT2) 旧作お試し SALE(02)数量限定 メール便× 綿・コットン100% デザイン 刺繍 かわいい おしゃれ 猫 猫グッズ ねこ雑貨 ねこ ネコ キャット ヒコーセンカーラ ギフト包装無料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. パナソニック電気式衣類乾燥機用紙フィルターお得な2個セット! 【送料無料!平日13時まで当日発送!】パナソニック 衣類乾燥機専用 紙フィルター ANH3V-1600【2個セット】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


丁寧に炙り焼きにしました。 壮関 炙り焼きするめソーメンお徳用 115g×48袋【送料無料】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»